私たちの取り組み

私たちが取り組んでいること

「人」が支える 佐原農産物供給センター

「人」 つながる力
 
基盤は、なんといっても生産者自身=「人」。
ベテランの男性陣はもちろん、多様な世代の女性生産者、次世代を担う青年層。
一人ひとりの生産者が協力・共働し、つながることで「安心・安全でおいしい青果づくり」、ひいては「よりより地域づくり」に取り組んでいます。
 
「土」 育む力
 
生産者が日々取り組んでいるのが、佐原の大地=「土」そのものに根差した生産活動。
生産者たちは、大地そのものが秘めている「育む力」をなにより大切にしつつ、生協の農薬削減目標などをさらに発展させた厳しい安全基準をみずからに課し、栽培に励んでいます。

消費者や他産地との交流で、より深く確かな信頼関係を築く

佐原農産物供給センターでは、安全な青果の栽培に取り組む全国の産地と交流・視察を行い、農法などの情報交換を行っています。首都圏近郊が集まる「近郊産地会議」では、規格・価格に至るまで意見交換を行い、安全性と安定供給のために協力しあっています。さらに、消費者や取引先関係者を含む「第三者」に監査員になってもらい、取り組みや管理状態について監査を行う「公開監査」も実施。
”顔の見える関係”から始まった信頼を、より深めています。
農事組合法人
 佐原農産物供給センター
〒287-0022
千葉県香取市九美上12-151
TEL.0478-59-2777
FAX.0478-59-2878