若造くらぶ

若いからこそ、できることを!

佐原の後継者が、日本の農業を変える!

「若造くらぶ」は、佐原農産物供給センターのいわば、”青年部”。
2002年6月、13名のメンバーで発足しました。「農業のおもしろさや、楽しさ、魅力を自分たちで見つけだそう。そして後継者をもっと増やそう!」と若造くらぶを立ち上げました。
 全国的に農家を継ぐ人が減っていることは、確かに大きな問題ですが、親世代のあり方をなぞるのではない、”若造”なりの新しい農業との関わり方を模索し、仲間とともに活動しています。

農法に関する勉強会

農法は親からも教わりますが、”若造”同士の勉強会も定期的に開いています。講師となってくれる先輩世代からの助言は積極的に受入、また同世代同士の情報交換も重ねながら、さらなるレベルアップを目指します。

交流活動への参加

消費者の皆さんと交流できる機会を大切にしています。
例えば、センター恒例の秋の収穫祭で参加者にふるまう「焼き芋」は、「おいしい」と大好評。消費者に喜ばれる活動を今後も重ねていきます。

地域づくりを自分たちの手で

佐原センターの裏山を開発し、里山として再生させるための活動を行うなど、地域づくりにも貢献しています。
農事組合法人
 佐原農産物供給センター
〒287-0022
千葉県香取市九美上12-151
TEL.0478-59-2777
FAX.0478-59-2878